読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1day京都リターンズ

ほぼ半年ぶり?の京都です。

今回は、念願の鉄博!日本に帰ってきているイトコとその子どもたちと、1年ぶりの再会です。

その前に、特別公開中の大徳寺聚光院へ。おかんのことがあったので、見られないかな…と思ってましたが、ちょうど良いタイミングで拝観の予約が取れたので、ラッキーでした。

大徳寺、落ち着きます(^^)

ふすま絵を堪能した後は、やっぱりここへ寄らなくては!ということで、今宮さんへ。

「かざりや」さんへ寄っていく余裕は無かったので、泣く泣くスルー。

おもかる石も、行列ができていたので、ここもスルー(涙)

今回のお礼をして、これも外せないおみくじをいただきます。

…ああ、やっぱりね。

「今年は忍耐の年」とありました。

めげずにがんばりましょう。

ヘーイタクシー♪で、梅小路へ移動。

f:id:chari-de-go:20160713223239j:image

ちょっと遅れてしまいましたが、イトコもちょうどバスから降りたところで、無事子どもたちとも再会!

…ただ、下の子、去年私に会ったことは覚えていないそうです(^^;;

入り口は、けっこう並んでいましたが、前売り券を買っていたので、並ばずにすぐ入れました。

むむー、いきなりアドレナリン値が上がります!

f:id:chari-de-go:20160713223352j:image

先日引退した、トワイライトエクスプレスの機関車や、0系新幹線もいます。

イトコの子どもたちは、どうかな〜?「もう飽きた」とか言ってぐずらないかな〜?と、心配でしたが、入ってすぐ軌道用の自転車に乗りたいと言ったり、踏切のシミュレーションの前に張り付いたりと、なかなか楽しんでる様子。まずはひと安心(^^)

小学生限定で、実際に制服・制帽を着て、車掌さんの体験が出来るコーナーがあって、そこにいた女性の車掌さんを見た途端、妹の方がすごい勢いで食いつきました。

「これ、やりたい‼︎」

午前中の枠は、もう満員。その次は、15時に整理券を配って、1530からの回です。しかも定員は、10名の狭き門…。

まあ、今回は無理かな〜?と、その時は思っていたのですが、その後幸運にも整理券をゲットできたのです♪

小一時間かけて、車内アナウンスや検札の実技、車掌さんがされているお仕事の様子を、直接説明していただいたので、楽しかったようです。

f:id:chari-de-go:20160713222920j:image

その後も、2人とも閉館ギリギリまで運転台や、鉄道模型が走っているジオラマに夢中になっていました。

結局、鉄博だけで終わってしまいましたが、蒸し暑かったので、これで良かったのでしょう(^^)

体験コーナーは、日によって運転士さんになれる日もあるようです。

(これはぜひ、抽選でもいいから大人にも参加させていただきたい〜)

また、2週間後には、千葉へ来ることになっているので、簡単にお茶してお開きにしました。

それからは、おみやげを買うためにダッシュ!ホームに上がったのは、発車予定の5分前でした(^^;;

鉄博でのおもてなしを、喜んでもらえるか心配でしたが、子どもたちからの「ありがとう」「楽しかった〜♪」を聞けて、全てが報われた気がしました。

 

それでもまだ見きれていない鉄博細見美術館相国寺の美術館のために、「リベンジ1day」しなくてはです。